CONCERT

24/8/11 (Sun.)

Jacob Koller×猛禽類医学研究所

~絶滅の危機に瀕した猛禽類と共生するために~

第一部:北海道釧路市を拠点に希少猛禽類たちの保全活動をされている猛禽類医学研究所から齊藤慶輔先生をお呼びし、猛禽類の置かれている過酷な現状と対応策についてトークをして頂きます。
※風力発電によるバードストライク・釧路湿原のメガソーラーの問題等にも触れます。

第二部:お馴染みJacob Kollerさん、Nubiaさん、金子展寛さんによる、ここだけのコンサート!
※主に「鳥」をテーマにした和洋楽器のコラボ演奏をどうぞお楽しみください。

◆ 概 要

日時:2024.8.11(日)
開場:13時~ 
開演:<第1部>猛禽類医学研究所・代表 齊藤慶輔 講演 13時半~ 
   <第2部>Jacob Koller&ゲスト 演奏 14時45分~(予定)
出演:
会場:神奈川区民文化センター かなっくホール アクセス
申込:Peatix ⇒ http://ptix.at/fndPaQ
主催:Sera Creations
協力:横浜市大同窓会/(株)大川印刷
                  

◆ 出 演

講演:猛禽類医学研究所・代表 齊藤慶輔
演奏 :Jacob Koller(pf.)/ Nubia(cello)/金子展寛(箏)

<齊藤慶輔>

横浜市出身、1965年生まれ。日本獣医生命科学大学 獣医学部(野生動物学教室)卒業。幼少時代をフランスで過ごし、野生動物と人間の共生を肌で感じた生活を送る。1994年より環境省釧路湿原野生生物保護センターで野生動物専門の獣医師として活動を開始。2005年に同センターを拠点とする猛禽類医学研究所を設立、その代表を務める。絶滅の危機に瀕した猛禽類の保護活動の一環として、傷病鳥の治療と野生復帰に努めることに加え、保全医学の立場から環境保全や調査研究を行う。近年、傷病・死亡原因を徹底的に究明し、その予防のための生息環境の改善を「環境治療」と命名し、活動の主軸としている。テレビ番組プロフェッショナル仕事の流儀、ソロモン流、ダーウィンが来た!ワイルドライフ、SWITCHインタビュー達人達、などで活動が取り上げられた。著書「野生動物のお医者さん(講談社)」で第57回産経児童出版文化賞を受賞。世界野生動物獣医師協会理事、日本野生動物医学会理事、環境省希少野生動植物種保存推進員、日本獣医生命科学大学客員教授。

<Jacob Koller>

米国アリゾナ州・フェニックス生まれ。
高校に入学するまでに10 以上のクラシック・ピアノ・コン クールで優勝する。高校ではジャズクラブでバンド活動を始め、ジャズの才能を開花させる。アリゾナ州立大学へ入学後ジャズ作曲コンクールなどで絶賛され、「COLE PORTER JAZZ PIANO FELLOWSHIP」のファイナリストの一人に選ばれる。
テレビ朝日「関ジャニの仕分け」内「ピアノ王決定戦」で優勝する。
その後いくつものオファーを断り、より自由に自身が求める演奏の世界を具現化したCDを敢えて自主制作でリリース。
YAMAHAのオフィシャルピアノアーティストとしてYAMAHA会場で月に数回演奏をしながら、自身の音楽スタジオも営み、全国各地で演奏活動をしている。YouTube登録者数は64万人弱近くを有する。
現在、最も注目される若手実力派ピアニストの一人である。
https://www.jacobkoller.com/

<Nubia>
小学校1年生からチェロを始める。 「若きチェリストのための交流コンサート」、学校訪問コンサート、「ガスパール・カサド国際チェロコンクール前年祭」「都響とティーンズのためのジョイントコンサート」など様々な舞台で演奏。 早稲田大学文化構想学部に進学しながら、ユトレヒト芸術大学にて室内楽及びソロのマスタークラス修了。その後、英国トリニティラバン音楽院にてIndependent Study Programmeを修了し、早稲田大学を中退。多岐にわたる演奏活動の傍ら、メジャーアーティストのバック演奏などをはじめ、ラジオ出演、アニメ・ゲーム音楽などのレコーディングにも多数関わるなど、様々な国・様々なジャンルでの音楽経験を軸に、現在はポップスでの演奏・一切演目を決めない即興演奏を専門とする。現在、三味線奏者のしゃみおと共に和洋弦楽ユニット「3×4×S(さしす)」としても活動。国内外に向けて全く新しいチェロの魅力を広げている。

<金子展寛>
第21回全国高校生邦楽コンクール県知事賞(第1位)受賞。利根英法記念第1,2回邦楽コンクールにおいて奨励賞受賞。日独交流コンサート(ドイツ)において数カ所演奏。第22回賢順記念くるめ全国箏曲祭全国箏曲コンクールにおいて銀賞(福岡県知事賞)受賞。
市川市文化振興財団主催第29回新人演奏家コンクール邦楽器部門において最優秀賞受賞。
人間国宝・坂東玉三郎丈「白雪姫譚物語」にて演奏、新歌舞伎「風の谷のナウシカ」、「FFX」に録音参加。
箏を通じて、ソロでの活動や邦楽器との共演はもちろん、洋楽器やアジアの音楽との共演、舞台やCDのレコーディング、アレンジなど隔たりない幅広いフィールドで活動を展開し、多くの方に箏の魅力を知ってもらえるように活動している。自宅にてお箏教室を開催。
https://nobuhiro-koto.jimdo.com/

◆ 交流会 ~齊藤先生を囲んで話そう~

会場:横浜平和プラザホテル 2F BRICKS STUDIO
開場:18時~19時半(予定)
参加費:2,000円(かなっくホール入場料に加算)※学生割引アリ
食事:カジュアルプレート&ドリンク付
問合せ:sera.creations.yokohama@gmail.com

 

24/2/4 (Sun.) 終了しました

荒野に希望の灯をともす 上映会1・2
(谷津監督のトーク&Sami Eluのトリビュート演奏付)

世界では国どうしの戦争や民族紛争によって毎日多くの人命が失われています。

 争いが絶えない原因はどこにあるのか?
 真の国際協力・人道支援とは何なのか?

アフガニスタンの地に医師でありながら重機を操り、用水路を開拓し、無毛の荒地に緑豊かな農地を回復させた中村哲医師の足跡を辿りながら、その答えを模索します。

戦火のアフガニスタンで21年間継続的に記録した映像から、これまでテレビで伝えてきた内容に未公開映像と現地最新映像を加え劇場版としてリメイク。
混沌とする時代のなかで、より輝きを増す中村哲の生き方を追ったドキュメンタリー映画です。

◆ 概 要

日時:2024.2.4(日)
※完全入替制です
※状況により開演・開場時刻が多少遅れる場合があります。

・上映会1:開場 午前11時/ 開演 午前11時半
・上映会2:開場 午後1時半/ 開演 午後2時
会場:横浜市情報文化センターホール
入場料:1,500円 学生入場料:1,000円 中学生以下:無料 ※各回とも

出 演:谷津監督(トーク)/ Sami Elu(トリビュート演奏)
アクセス:https://www.idec.or.jp/shisetsu/jouhou/access.html
申込先:https://240204sera-cre.peatix.com
問合先:sera.creations.yokohama@gmail.com

主催:Sera Creations
共催:銀座ソーシャル映画祭
協力:株式会社大川印刷 / 株式会社スタジオペガサス / 横浜市大同窓会 /

 

◆ 予告版

https://www.youtube.com/watch?v=rgc3pSFiZ8s


◆ 出演

<谷津賢二> 監督/撮影

1961年栃木県足利市生まれ。立教大学社会学部卒業後、テレビニュース業界で働く。94年に日本電波ニュース社入社。95年から98年まで日本電波ニュース社ハノイ支局長。登山経験を活かし、ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、タクラマカン砂漠など、辺境取材を多数経験。1998年~2019年アフガニスタン・パキスタンで中村哲医師の活動を記録。これまで世界70か国以上で取材。

[受賞歴]
・NHK「ネパール 塩の隊商がゆく」(撮影)ATP郵政大臣賞
・NHK「アフガニスタン 戦乱と干ばつの大地から」(撮影/プロデューサー)ギャラクシー奨励賞、ATP優秀賞
・NHK「ベトナム戦争 フィルムの若者を探して」(撮影/プロデューサー) 国際ビデオフェスティバル(アメリカ)ゴールドカメラ賞
・NHK「武器ではなく命の水を~医師・中村哲とアフガニスタン~」(撮影/プロデューサー)ギャラクシー奨励賞、ATP優秀賞、ワールドメディアフェスティバル(ドイツ)金賞
・NHK 「良心を束ねて河となす~医師・中村哲73年の軌跡~」(撮影)ATP総務大臣賞

<Sami Elu> アーティスト

アメリカ・ボストン出身。バークリー音楽大学でジャズと作曲を学び、世界で活躍する孤高の音楽家。ピアノ・アコーディオン・ドラム・トロンボーン・フルート・チューバ等、複数の楽器に精通、廃材とピアノ線を使って、世界に一つだけの木製弦楽器「Pixiechord」を自ら製作、演奏を開始。

「和」の心を持ち合わせた流浪の音職人が、自然と調和した唯一無二のサウンドを即興演奏で奏でる。吉田鋼太郎(演出・出演)×阿部寛(主演)「ヘンリー八世」舞台の音楽担当。
公開された演奏動画のYouTube再生回数は950万近くを達成。

 

 

10/28 (Sat.) 終了しました

秋の紀南を彩る和洋の饗宴
~龍の棲む森プロジェクト・特別公演~

待望の”龍の棲む森プロジェクト”テーマ曲メンバー全員によるコンサートを開催します!
※熊野古道・南紀白浜などのご旅行も兼ねて是非お越しください。

◆ 概 要

日時:2023年10月28日(土)
開場:午後2時半/開演:午後3時
会場:紀南文化会館  https://www.kinanbunkakaikan.jp/access/index_m.html

チケット:2,500円/学生1,500円/小学生以下無料
・紀南文化会館⇒紙チケット販売
・Eチケット⇒ https://231028sera-cre.peatix.com
問合せ:Sera Creations  info@sera-creations.com

◆ 出 演

Jacob Koller (ピアノ)
米国アリゾナ州・フェニックス生まれ。 高校に入学するまでに数々のクラシック・ピアノ・コン クールで優勝し、高校からはジャズの才能を開花させる。来日後、 テレビ朝日「関ジャニの仕分け」内「ピアノ王決定戦」で優勝する。その後いくつものオファーを断り、自身が求める音楽の世界を目指してYAMAHAのオフィシャルピアノアーティストとして活動しながら、自身の音楽スタジオも営み、全国各地で演奏公演をしている。YouTubeのフォロワー数は国内外総計60万人以上、現在、最も注目される若手実力派ピアニストの一人である。https://www.jacobkoller.com/


金子展寛 (箏)
9歳より箏をはじめる。 桐朋学園芸術短大専攻科卒業。NHK邦楽オーディション合格。数々のコンクールにて受賞多数。国際交流基金事業に参加や、19年に人間国宝・坂東玉三郎丈「白雪姫譚物語」にて演奏、新歌舞伎「風の谷のナウシカ」(2019年)、「FFX」(2023年)に録音参加。 箏を通じて、ソロ活動や邦楽器との共演はもちろん、洋楽器やアジアの音楽との共演、舞台やCDのレコーディング、アレンジなど隔たりない幅広いフィールドで活動を展開し、多くの方に箏の魅力を知ってもらえるように活動をしている。 自宅にて「お箏教室」を開催。


寂空-JACK-  (津軽三味線)
自身がリーダーを務めるThe Shamisenists (ザ・シャミセニスト)では、2019年ラグビーW杯オフィシャル・レセプションにて横浜アリーナにて演奏、翌年にはアメリカの音楽レーベルによるワールドデビューオーディションで優勝を果たし、2022年にはフランスのメタルフェスティバルに唯一の日本人バンドとして出演するなど、国内外にて活躍。三味線奏者としてソロ活動も精力的に行っており、2023年のフジロック・フェスティバルへの出演も決まっている。

シンゴ (太鼓)
神奈川県出身、東京都在住。日本のみならず、アフリカ、中米、ヨーロッパなど、世界 15カ国で演奏。主な経歴として、2019年ラグビーワールドカップの選手入場時の大大鼓パフォーマンス、所ジョージのアルバムレコーディング、NHK内田有紀主演ドラマへの出演などがある。世界を旅して人々と繋がり、太鼓を通して社会貢献することに喜びを感じながら、今日もどこかに出没中。

主催;Sera Creations
共催:紀南文化会館
協力:龍神村森林組合
後援:和歌山県/田辺市

 

 

10/15 (Sun.) 終了しました

今日が明日を変えてゆく -番外編-
三遊亭窓輝の”落語deなるほど~そうなんだ!”

◆ 概 要

日時:2023.10.15(日) 開場 午後1時半/ 開演 午後2時
会場:横浜平和プラザホテル 2F BRICKS STUDIO
リアル会場参加費:1,000円 ※コーヒー・紅茶のフリードリンク付
オンライン参加:無料 ※1週間のアーカイブ付
出 演:三遊亭窓輝師匠 / 水のジャーナリスト 橋本淳司
申込先:https://231015sera-cre.peatix.com

主催:Sera Creations
協力:横浜市大同窓会
アクセス:https://www.heiwaplaza-hotel.com/access